熊本市 結婚・子育て応援サイト
ホーム  >  知りたい!Q&A  >  Q&A検索結果  >  こだわりが強いです。

知りたい!Q&A

質問

こだわりが強いです。

遊びの中で、ミニカーなど同じものばかりを集めて並べたり、特定の本(恐竜や昆虫など)ばかりを好んで読んだりします。また、予定が急に変わるなどいつもと違うことをとても嫌がることがあります。
回答
好きなものや遊びがあり、”いつもと同じが好き””きちんとしていた方が好き”という気持ちの表れが、こだわりにつながっていることがあります。特定のものにこだわることは悪いことではありませんが、こだわりのために日常生活に支障がでたり、興味の幅が狭まって他のことや新しいものに取り組むことが難しくなったりすることがあります。
 こだわっているものをやめさせようとすると子どもにストレスがかかることもあるため、こだわっていいこと(周りが許容できること)とこだわらないほうがいいこと(周りが許容できにくいこと)に分けて考えてみましょう。こだわらないほうがいいことについては、全てやめさせるのではなく、こだわってもいい時間や場所を決めておき、それを守れるように伝えていく方法もあります。
 また、他のことに興味を持ちにくい場合には、大人が入って他の遊び方を伝えるなど興味を持ちやすくなるような関わりも大切です。
 その他こだわりへの対応については、子ども発達支援センターまでご相談ください。
【お問い合わせ先】 健康福祉局 子ども発達支援センター TEL:096-366-8240 
  【分類】子育て、その他、子育て-幼児期(1~2歳)、子育て-幼児期(3~5歳)、子育て-小学生以上、子育て-健康・発達、子育て-しつけ・学び、子育て-障がい、子育て-子どもの心配、子育て-子どもへの関わり、子育て-支援情報
熊本市子ども政策課
〒860-8601  熊本市中央区手取本町1番1号  
Tel:096-328-2156     
CopyRights(c) 2016 Kumamoto City Allrights Reserved.